【トビムシとの戦い!!】なんか小さな虫が出てきたんですけど。。

この記事は、、

梅雨時にトビムシと思われる虫が発生しました。その時の様子と実施した対処法、2021年7月中旬時点での状況をご報告します!トビムシが家に出て気になる方にお勧めです。この記事を読むと、トビムシが出るのは自分の家だけじゃない!と勇気をもらえると思います。。?

こんにちは^^

妻とペペ太郎(仮)と3人暮らしを楽しんでおります、サラリーマンのpepeです。

今回は我が家に現れたトビムシ(たぶん)について、現れてから数が少なくなるまでの模様をお伝えします。

なお、結局のところトビムシの発生を完全に抑える方法は分かりませんでした。ただ、梅雨が明けようとしている今、トビムシはほぼ見なくなりました。

また、梅雨時の全館空調の暮らしについては以前記事に書きました。そこでも少しトビムシに触れています(記事内ではチャタテムシと言っていますが、どうやらドビムシである可能性が高いです💦)。

ちなみに、今回の記事では小さいながらも多少虫の写真が出てきますので、苦手な方はご注意を。。(笑)

スポンサーリンク

トビムシとは?

体長2mm前後の小さな虫です。

ちっちゃいです。虫嫌いの方のため、アップはやめておきます(笑)

梅雨時にはこんな虫が一日に5匹前後、洗面所などの水回りやリビングの床で見つかりました。

そもそも、トビムシって何でしょうか。ざっと調べてみてこんな感じです。

  • トビムシ目に属する昆虫。体長は概ね2~3mm。自然界では益虫だそうです。
  • 飛びません。跳ねます。
  • 毒はない。
  • 湿気が多い場所、時には新築にも発生する。

自然界では益虫でも、家の中で見ると穏やかな気持ちにはなりませんね💦

特に我が家は床が白に近いフローリングなので、めちゃくちゃ目立ちます(逆に言うとすぐに見つけられる。)

一度見つけてしまうと気になってしまいます。。

家の隅に大発生!

さて、本格的に何か対策しなきゃ!となったきっかけが我が家にはありました。

それがこちら。

これは畳コーナーの段差の隅のところです。黒い点々が見えるでしょうか?そう、これが全てトビムシです(´・ω・`)

トビムシがどこから発生しているのか分からず家中をうろうろしていて、ふとリビングの隅に目を向けた時に見つけました。。

いやぁ、中々の衝撃でした。でも、この光景よりも妻の悲鳴にびっくりしたのは内緒です。。(笑)

虫が大嫌いの妻からの「絶対掃除機で吸い込まないで!」との指令により、ウェットティッシュで回収しました。ここにいたトビムシたちは既に死んでいるものが多かったです。

そしてここからいくつか対策を講じました。

いくつか対策をやってみました

とりあえず除湿

まずは湿度を下げるべく除湿をしました。いや、しまくりました。

具体的には全館空調による除湿機能&除加湿空気清浄機を利用した除湿です。

全館空調による除湿(もしくはたまに冷房)は基本的に24時間、除湿機も24時間稼働している日もありました。

そのようにして除湿しまくったせいで6月の電気代は冬並みに上がったことは、、良い想い出です。。

ただ、ここで学んだことは、湿度を下げることである程度トビムシの発生を抑えられるということです。

はっきりとは言えませんが、湿度が70%後半になるとトビムシが出てくることが多かったですが、60%近くになるとあまり見なくなったと思います。

畳の下に殺虫剤を吹き付ける

上の畳コーナーの隅に虫が溜まっていたのを見て、畳の下が怪しいんじゃないか、と考えました。

そこで、とりあえず畳コーナーの縁の下にあるちょっとした隙間にゴキアースジェットを吹き付けました。

この行為が効果があるのか、正しい行為なのかは全く分かりませんが、畳の下に湿気が溜まってそこにうじゃうじゃいやしないか。。と心配になってたのでやってみました。

やってはいけない行為かもしれません。やるかどうかは自己責任で。。(笑)

ただ、気持ち的にはあのゴキアースジェットを吹き付けたのだから、流石にいなくなるだろうという満足感は得られました(*´ω`*)

とりあえず掃除

とりあえずホコリや皮脂等を残さない状態がよさそうに思ったので、掃除機や中性洗剤を使った雑巾がけで床を掃除しました。

屋内を清潔に保つことはいいことなので基本的にはやってよかったと思いますが、トビムシの発生に直接的に関係していたかはよく分かりません。。(笑)

虫を寄せ付けないやつを付ける

こういうやつです。我が家のは義両親から頂きました。これは超音波を出して虫を寄せ付けないやつです。

ただ、上のトビムシがたくさんいた写真の傍にこの機器があったので、本当に効果があるのかはちょっと疑問です。。

家の周りに虫を寄せ付けない粉を撒きまくる

こういうやつです。これを家の周りに撒きます。撒いてから少なくなったような、変わっていないようなといった感じです。

ただ、少なくとも今まで花壇の土を掘っていた猫はしばらく現れなくなりました。。(笑)

結局、、梅雨明けとともに少なくなった

このように、色々と対策を講じましたが一番効果があったのは湿度管理かなぁと思います。

とはいえ、自然の力には勝てません。梅雨時期はいくら湿度を低く保っても(60%前後)、発生することはありました。発生といっても1,2匹をリビングや水回りの床の上で見つける、といった感じでしたが。

結局ほとんど見なくなったのは、梅雨が明けた最近になってからでしょうか。

やはりトビムシと湿度は関係がありそうです。

トビムシについて何となくわかったこと

今までのトビムシとの戦いでなんとなくわかったことをまとめてみます。

  • 家の中の湿度が60%前半以下だと発生しにくい
  • 発生するのはリビング、水回り
  • 屋外が雨だと発生しにくいが、雨上がりのタイミングで発生しやすい
  • 晴れの日は発生しにくい
  • なぜか22時以降に見つかることが多い

湿度については上でも書いた通りです。出来る限り湿度を低く保つことがトビムシの発生を防ぐ一番の方法かと思います。

トビムシを確認したのはリビング、水回りでした。湿気が溜まりやすい場所に多いと思われます。

発生タイミングですが、外が雨の時はむしろ家の中では発生しにくい気がします。一方、雨が上がってしばらくした時には家の中にトビムシを見つけることが多かったように思います。

晴れの日はあまり発生しませんでした。やはり湿度のせいか。。

そして、なぜか夜の時間帯、それも22時以降に良く見つかる気がします。

それくらいに入浴することが多いから屋内の湿度が高くなってトビムシが発生しやすくなったのか。。22時以降、というのは実際にそうなのかも微妙なところですし、実際にそうだとして原因はよく分かりません。

まとめ

今回は、梅雨時に発生したトビムシについてまとめてみました。

トビムシ自体は毒もなく実害はなさそうですが、家の中で見かけると良い気持ちにはなりません。。

発生を完全に抑えることは難しいと感じましたが、結局湿度が高い環境において発生するというのは何となく分かりました。梅雨が終わろうとしている今、数はかなり減ったように思います。

ちなみに、、、トビムシについて三井ホームに何度か相談してみたのですが、「専門業者に依頼しないとどうしようもないかもしれませんね~」とか、「ちょっと担当の者に確認してみますね」と言って返答がなかったり、といった感じでした。

う~ん、まだ新築してギリギリ1年経ってないので、このトビムシの発生が三井ホームの家自体に原因があるのか、それとも季節や我が家の土地の環境せいなのか、くらいの切り分けはしたかったです。

トビムシにも三井ホームの対応にもモヤモヤとした梅雨時でした。

では、今回はここまで。。また次回宜しくお願いします!

>>家づくりまとめページに戻る

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最後に改めて自己紹介を。。
pepeと申します。製造メーカーに勤めるサラリーマンの傍ら、家づくりでの自らの体験をブログに書いています。今後家を建てようという方、今現在建てている方の、何かしらの参考になれば幸いです。また、子育てや趣味のピアノや車についても折に触れて書いています🎹🚙 宜しくお願いします!