トクラスのレンジフード掃除してみた!

この記事は、、

レンジフードのお掃除をしたときのことをお話しします。お掃除の過程を写真つきでご紹介してます。レンジフードの掃除ってどうやるの??という方にお勧めの記事です(^^)/

こんにちは^^

妻とペペ太郎(仮)と3人暮らしを楽しんでおります、サラリーマンのpepeです。

いよいろゴールデンウィークがきましたね!とはいえ、昨年から続くコロナは改善しておらず、相変わらず外出しにくい状況です。コロナの状況と上手く付き合っていく術を身に付けた方がいいかも。。

しかも!GW初日の4/29は大雨でしたので、とりあえず家のお掃除するか!ということでキッチンのレンジフードを掃除しました。せっかくですのでその模様をお伝えします。

スポンサーリンク

我が家のレンジフードはトクラス製!

以前のweb内覧会でも簡単にご紹介していますが、我が家のキッチンはトクラスの商品です。

私の比較対象が前住んでいたアパートになってしまうので、基本的には全てで今のトクラス製レンジフードが優れていると思います。

照明もつくし、効率のよい集煙方法(フロントキャッチ方式、と呼んでいるそうです)で汚れる部分を限定的にすることが出来ているそうです。

で、そのお陰で日常のお手入れする場所も少しで良いそう。

そもそもレンジフードの構造がシンプルでお手入れが簡単です。超不器用な私でも迷わずパーツを取り外してお掃除できたので、大体の方は簡単にお掃除できるはずです!(笑)

だがしかし!ずぼらな私(と妻)はその日常的なお手入れすら怠っていたため、フィルターがちょこっと(?)汚れていました。その内掃除しなきゃなーと思って早〇〇か月。GWに入り時間が出来たので、お掃除に踏み切りました(^^)/

お掃除開始!

では、やる気のあるうちに掃除を始めます!

説明書を引っ張り出してお手入れ方法を確認します。普段説明書は引き渡しの際にもらった下の分厚いファイルにしまっています。家中のあらゆる設備の説明書や、お家のお手入れに関する説明書が入っています。

レンジフードの取説もここに一緒に入れています。では早速始めましょう!

今回はフィルター、案内板、ファンの大きく3つを掃除しました。日常のお手入れだとフィルターだけでいいのですが、今回はさぼったツケ(8か月ほど。。)があるので3つともやりました。

順番にお掃除の様子をご紹介します。

フィルター

最初はフィルターです。下の写真のように、左右に1つずつあります。

取り外しは簡単です。中央のツマミを持って左右に動かすと取り外すことができます。

お掃除は、ぬるま湯にちょっと浸して、中性洗剤で洗います。洗う際にはブラシで汚れをこすりました。

本当は洗うビフォーアフターの写真を載せたかったですが、思いのほか汚かったのとそもそも撮り忘れたので、途中過程の写真を載せます(笑)

写真左側の列が掃除済み、右列が今からのところです。油汚れが付いているので、ぬるま湯だけだと中々汚れが落ちませんでした。

洗い終わったらちゃんと乾燥させましょう。

ちゃんときれいになりました!

案内板

お次は案内板!案内板ってそもそも何?ということですが、フィルターが付いている板のことです。

では掃除するために案内板を取り外します。どうやって取り外すかというと、フィルターの上にボタンがついてます。下の絵の赤矢印で示したところです。

ここを両方ともポチっと押すと上が外れます。こんな感じです。これは既にお掃除を始めてしまった状態ですが。。汚れがこびりついてます!!

案内板は上が外れても下のフックで引っ掛かって落ちはしません。引っ掛かっているだけですので、簡単に取り外せます。

案内板も中性洗剤でお掃除します。今回は、スポンジに中性洗剤を染み込ませて掃除しました。上の写真はその場で掃除を始めてすぐのタイミングです。

で、別にここで掃除しなくていいやん!と当たり前のことに気づき、洗面台で掃除を始めました(笑)

きれいになりました!こちらも油汚れが付いていたので、頑張って中性洗剤で洗い、キッチンペーパーで水気とともにふき取りました。

また、案内板の奥(この後洗うファンが付いている開いた部分)も汚れが付いています。これは取り外せないので、その場でスポンジで洗いました。

ファン

さて、最後にファンです。やはりこれがちょっと難しかったです。

まずは一番手前にある「ベルマウス」を外します。これは左下に見える蝶ボルト回して緩めれば簡単に外れます。で、ベルマウスはそこまで汚れていませんでした。

次に本丸のファンの取り外し。これが少々大変でした。。

下のようにファン中央部にあるツマミを外してからファンを取り出すのですが、ツマミも油汚れが付いていてぬめっているのです。ゴム手袋をして、更にキッチンペーパーを被せて何とかツマミを外すことが出来ました💦

また、ファンは結構鋭利です。上の写真ではまだゴム手袋を付けていませんが、危ないので掃除の際はちゃんとゴム手袋を付けましょう

で、何とか取り外せたファンはこれまで同様、中性洗剤を混ぜたぬるま湯に30分ほど浸けて汚れを浮かせます。

汚れが浮いてます。気持ち悪いですね。写真サイズは小さめにしときます(笑)

で、30分経ったら再度ブラシ等で拭き、しっかりと乾かします。

水気が無くなったのを確認したら取り付けます。ファンは少し重いので落とさないように注意しましょう。

ファンを取り付け、ベルマウスを取り付けたら案内板を戻します。最後にフィルターを取り付けたらお掃除終了です!

まとめ

今回はレンジフードのお掃除についてご紹介しました。

なお、トクラス製の我が家のレンジフードは案内板を外しての内部のお手入れは不要で、汚れやにおいが気になる場合に今回ご紹介したようにお掃除をして下さい、と書いてありました。

冒頭に書きましたが、日常的にフィルターのお手入れをちゃんとしていれば基本的には大丈夫なようです。お手入れ簡単ですね!!

ただ、メーカーによっても、また同じトクラス製でも商品によって事情が違うかもしれませんので、ちゃんと取扱説明書を読んで長く使えるようにお手入れしましょう。

では今回はこの辺りで!また次回宜しくお願いします!

>>家づくりまとめページに戻る

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最後に改めて自己紹介を。。
pepeと申します。製造メーカーに勤めるサラリーマンの傍ら、家づくりでの自らの体験をブログに書いています。今後家を建てようという方、今現在建てている方の、何かしらの参考になれば幸いです。また、子育てや趣味のピアノや車についても折に触れて書いています🎹🚙 宜しくお願いします!